東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
迎春堂鍼灸院について
他院との違いについて
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
不妊鍼灸効果について
安産治療
婦人科疾患
妊娠しやすい体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
不妊ダイエット鍼灸
男性不妊治療
更年期とその他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



   男性の不妊治療について

     

不妊は、女性側の問題だけではなく、4割から5割は男性側にも原因があると言われています。

①精子の数が少ない
②運動率が低い
③奇形率が高い
④性欲減少、勃起不全(ED)
などが主な要因です。

中医学では、腎の機能により、精子が作られるとし、腎の機能低下から、男性不妊が起こると考えます。
精子の生産力と量、質、生命力は、腎の機能が影響します。
ストレス、睡眠不足、お酒の飲みすぎ、油の多いもの、甘いものの摂りすぎにより、腎の機能が低下します(腎虚といいます)。
腎虚になると、腰・膝がだるい、元気でない、性欲の減退、勃起不全が起こります。
舌の色が白っぽい、腎の脈が弱い、ひどい場合は寝汗(盗汗)がでます。

当鍼灸院の治療は、鍼灸と中国伝統療法(オリジナルへそ灸、磁気治療)、ホームケアアドバイス(漢方、薬膳茶、生活改善)をあわせ、
・脳の視床下部・下垂体機能の調整により、身体全体、自律神経、ホルモンバランスの乱れを修復する
・生殖器を支配する経絡の気血の流れをよくする
以上より、腎の機能の正常化をはかります。

期待出来る効果

■男性機能の正常化
■ホルモンバランスを司る、脳の視床下部・下垂体機能の調整 → 自律神経やホルモンバランス
 の調整
■ストレスの緩和やリラクゼーション効果
■骨盤内の血液循環改善、睾丸・陰茎の発育促進と生殖機能を向上
■睾丸への血流循環とホルモン供給の改善 → 睾丸の萎縮を予防し、良質な精子を獲得
■男性ホルモンの分泌機能向上、精力増強
■細胞若返りの促進


 ◇男性不妊の症状

・無精子症
造精機能障害の中で最も重く、精液中に精子がいない状態
「閉塞性無精子症」と「非閉塞性無精子症」がある
・乏精子症
精液内の精子数が少ない状態
・精子無力症
精子数は正常だが、運動率が悪い状態
・精索静脈瘤
精索と呼ばれる部分の静脈に瘤ができた状態
・先天性精管欠損
生まれつき精管がなく、精子が精巣内に閉じこめられた状態
・膿精液症
前立腺や精嚢などの炎症により、精液中に白血球が増加し、精子の運動率を低下させる状態
・無精液症
精液が造られない状態
・逆行性射精
精液が尿道に送られず、膀胱に逆行する状態
・膣内射精障害
膣内で射精することが難しい状態
・遺伝的な問題


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.