東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

「桜と漢方」

みなさんお花見には行かれましたか?

今年は少し早い開花でしたね。

今日は桜にちなんだ漢方のお話をしたいと思います。

みなさん、桜皮(おうひ)と言って桜の樹皮が漢方薬として

使われていることはご存知でしたか?

種類:ヤマザクラ

効果:咳止め、排膿、解毒作用、湿疹、じんま疹

桜皮を使った漢方薬は日本独自の物だそうで、古くから日本の民間療法として使用されていたようです。

何だか桜の木を切って使うのはかわいそうですが、こうして漢方薬は自然のパワーをいただいているのだ
と改めて実感させられました。

残りの桜に癒されながら、新学期を新たな気持ちでスタートしましょう!
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.