東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

『秋の養生』

10月に入り、秋らしい陽気になってきましたね。
短い間に気候が代わり、体調を崩しやすくなる季節でもあります。

秋は、東洋医学的には『燥』の季節とされています。
空気が乾燥し、肺を傷めやすくなる時期です。
肺は水を司る臓で、乾燥に弱い性質をもっています。
風邪をひいたり喉痛があったり、肌がかさついたりする症状は
肺が燥邪に侵されると現れやすいものです。

まだ、秋は『悲・憂』といった心のうごきに象徴されます。
心が淋しくなりがちなので、早寝早起きを心がけ、身体を動かし、心を楽しく安定させることが大切です。

みずみずしくおいしいこの季節の旬のものを摂るようにし、心をリラックスさせて秋を楽しみましょう。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.