東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

冷え性と女性の身体

身体が冷えると全身の血行が悪くなり、中医学でいう瘀血の状態を作り出す可能性があります。
体の隅々まで血液を届ける事が出来なくなり、酸素や栄養素が細胞に届きません。また、自律神経の
乱れや、妊娠のためのホルモンの伝達も悪くしてしまいます。
手足の冷えから、さらに内臓まで冷えると卵巣や子宮といった妊娠に大事な臓器に影響が及ぶこと
にもつながってしまいます。それが生理痛や、ひどくなると子宮内膜症や子宮筋腫を招く事にもなり、
妊娠しにくい身体になってしまうのです。

女性の冷えの原因の多くは、血の不足や気が不足することによって血の巡りが滞ることによって生じます。
また、女性は7の倍数で身体に変化があると考えますが、35歳ごろから腎が徐々に衰え始め、身体を
温める腎の陽気が弱くなります。
冬の薄着は身体を冷やし、血の巡りを悪くします。冬は陽気を失いやすい季節なので衣料で調節したり、
身体を温めるものを積極的に取ることも大事。
また、朝起きたらまず朝日を浴びましょう。朝日を浴びて体内時計をリセットすることで、自律神経を整える
ことができます。
湯船につかってリラックスする、軽い運動を心掛ける、好きなことに熱中するなどしてストレスをうまく発散
することも冷え性改善につながります。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.