東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

お餅は中医学では、甘温、補中益気、健脾止寫の作用があります。
温める作用があり、エネルギーを補給し、脾(消化吸収)を補ってくれます。
なので、普段から疲れやすい人、下痢をよくする人、汗をかきやすい人などの気虚体質の方にお餅はおすすめです。
エネルギーがなく、便がだせない という方も食べたら便秘が解消した。ということもあります。
逆に、普段からとても元気な方(子供)、便秘気味な方、からだに熱を持ちやすい方は向いていません。
エネルギーが体に溜まりすぎ、便がさらにつまり、熱がこもりやすくなってしまいます。
またお餅のネバネバは東洋医学では「湿」といい、体に熱をためたり、むくみ、吹き出物、関節痛の原因になったり
します。
炎症がある方も悪化する可能性があるので、食べ過ぎには注意して、楽しいお正月をお過ごしください。






△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.