東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

「生理痛と不妊」

生理痛が重いと妊娠しにくいと言う話を聞いたことがある人は多いと思います。
生理痛のひどい人すべてが不妊症という訳ではありませんが、
不妊症が原因で生理痛が起きていると言われています。
生理痛がひどいから不妊症になるという訳ではなく、
生理痛の症状が出ている不妊症の原因があると言われています。

例えば、血のめぐりが滞っている状態を『瘀血(おけつ)』といい、
子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病の原因にもなるといわれています。
冷えや水分の滞りなどによる循環の不調もあります。
特に冷えは、私たちのエネルギーの源の精を貯めておく『腎』を弱くしてしまいます。
そのため生理痛の他にも、だるさやコリなども起こってしまうのです。

このように生理痛は身体の気血津液のバランス(ストレスや冷えなどが原因)が崩れると
生理痛が起きやすくなります。
漢方と鍼灸治療は気血津液を整えて身体をバランスのいい状態にしてくれます。

鍼灸と漢方で身体のバランスを整え、生理痛の緩和、妊娠力を高めていきましょう。








△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.