東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

10月30日

自律神経と不妊

不妊の原因と血流の悪さは、切っても切れない仲です。
血流の悪さは他の体調悪化にもつながります。
その血流に関係しているものの一つに『自律神経』が関係しています。

自律神経とはメジャーな神経の一つですね。
交感神経と副交感神経が拮抗した状態でバランスを保ちます。
興奮状態…仕事中や勉強中などの時は交感神経が優位になります。
リラックス状態…入浴中や睡眠前のウトウトした状態などの時は副交感神経が優位になります。
どちらかが多すぎても少なすぎても、バランスが崩れてしまいます。
現代人は交感神経優位状態が多い傾向にあります。
意識してリラックスする時間を取りましょう。

鍼灸治療はお身体の血流を良くして、自律神経の働きを活性化するのに効果的です。
ぜひ、積極的に鍼治療を取り入れ、お身体の血流を良くし、妊娠しやすい身体づくりをしていきましょう。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.