東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

4月18日

体内時計と妊娠の関係についてのお話し

体内時計が規則正しく刻んでいれば自律神経や各種ホルモンが正常に分泌されるので、妊娠しやすい状態になります。この体内時計が狂うと自律神経やホルモン分泌も乱れ、妊娠しづらい状態に陥ってしまいます。

1年は365日、12ヶ月、1ヵ月は30日、1日は24時間、また女性の月経サイクルは約28日・・・と、私たちは一定のリズムで生活しているのです!この一定のリズムが崩れたとき、体調を崩しがちになります。

しかし、私たちの体内時計は25時間周期で 1日24時間周期の自然環境とは異なるために1日1時間のズレが生じてしまいます。 このズレを修正しないと自律神経が乱れ、様々なホルモンのバランスや、生理周期が乱れ、排卵が正常に行われず不妊に繋がってしまう恐れがあります。

☆体内時計を修正するには、①毎日同じ時間に起きる。②朝日を浴びる。

就寝時間が早くても遅くても 毎日同じ起床時間に起きることが体内時計をズラさないポイントです!
体内時計をリセットして自律神経やホルモン分泌を整えて妊娠する準備をして行きましょう。







△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.