東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

8月 31日

皆様、ごきげんいかがでしょうか。今日は、東洋医学の古典から妊婦の治療について面白い記述を
ご紹介します。
唐代の中国で書かれた『千金方』では、経過月ごとに妊婦の養生法が細かく記されています。
例えば、妊娠1ヶ月目(自覚できるの?)は精熟したもの、大麦をよく食べ、生臭いもの・辛いものを
さける。
2ヶ月目には居処を静かにし、驚同しないようにする、など。これらは現代に生きる私たちから見ても
大いに賛同できるところなのですが、興味深いのはここから先。妊娠3ヶ月目では「(胎児は)まだ
男女が定まっておらず、妊婦が見るものによって、子の形が定まる」のだそうで、弓矢を操るなど
男性が好むことをすると男の子が、珠玉(宝石など)で遊ぶと女の子が、清らかで何も無い所に正座
をすると賢良な子ができるのだとか。さらに4ヶ月目では魚や鴨のスープを飲んで気血を盛んにし、
5ヶ月目では奥の部屋に住み、窮めつけは6ヶ月目。野に出て遊び、走る犬や馬を見ることが良いと
されていたそうです。

う~ん。いにしえの妊婦さんもいろいろと大変だったのですね。




△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.