東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

8月2日

卵子や精子の質を向上させる食べもの

 卵子や精子の質を向上させる食べものといえば、その1つにビタミンEを含む食品が
あげられる。
ビタミンEは抗酸化作用が強く、多くの食品にも酸化防止剤としても利用されており、
一般には『活性酸素を除去する』、『老化を防止する』、『心疾患、脳卒中、癌を予防する』
などといわれている。
ビタミンE自体、細胞膜や脂質に豊富に存在し、脂質の酸化を抑制し、細胞膜や蛋白質
などの損傷を防ぐ作用をもつのである。
食用油に多く含まれ、脂溶性の為体内に蓄積しやすいこともあり、欠乏症となることは
少ないといわれているが、欠乏症の1つに不妊症があげられている。
ただ目安量と耐用上限量との幅が大きいものの過剰摂取した場合、骨粗しょう症になる
リスクが高まるとの動物実験での結果が報告されている為、サプリメントでの摂取ではなく、
自然な形で食事に取り入れていくとよいのではないだろうか。

~ビタミンEを多く含む食品例~
・ひまわり油、大豆油、ごま油、コーン油などの油脂類
・アーモンド、大豆、落花生などの種実類
・タラコ、すじこ、いくらなどの魚卵類
・カボチャ、モロヘイヤ、大根の葉、アボカド、ホウレン草、赤ピーマン、パプリカ、シソなど
・ウナギ、カツオ、サンマ、タイなど
・玄米、胚芽米や抹茶、煎茶の茶葉


1日に必要なビタミンEの摂取量(30~49歳)
(厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2010年度版)より)

女性 目安量:6.5mg(妊婦6.5mg・授乳婦9.5mg) 耐用上限量:700mg
男性 目安量:7mg  耐用上限量:900mg


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.