東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

10月14日

「秋なすは嫁に食わすな」という言葉にはいくつかの説があるようですが、一般的に知られているのは以下の2つではないでしょうか。
① 秋なすは特に味がよいので、憎い嫁には食べさせるなというもの
② 秋なすは体を冷やすので、大切な嫁には食べさせるなというもの

 中医営養学では、食物は大きく寒性のもの(体を冷やすもの)と熱性のもの(体を温めるもの)に分けられ、なすは寒性のものとされています。このことから、②の説にも一理あるといえそうです。

 「冷え」は生理不順など婦人科系疾患の原因になりやすく注意が必要ですが、まずは自分の体質を知ることが大切です。冷え症の人はショウガやニンニク、かぼちゃ、ももなどの熱性の食物を、体がほてりがちの人はレンコンやトマト、バナナ、キウイなどの寒性の食物を摂るように心掛けてみてはいかがでしょうか。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.