不妊体質改善 -あなたの体質をチェックー 

 

不妊体質改善 -あなたの体質をチェックー

当院の治療のベースになっている中医学では、「体質」に対する独特の考え方があります。

体質は、「持って生まれたもの。一生変わらないもの」というわけではありません。

生活や食事、季節、環境などによって変化しますし、年齢によっても変わります。


当院では、患者様の体質に合わせて治療を行っております。

ここでは、日本の女性に多い体質を、6つのタイプに分けてご紹介します。

ご自身がどのタイプか、宜しければ考えてみてください。


1. 陽気(ようき)不足

体の活動エネルギーである"気"が不足し、身体を温めるエネルギーが不足した状態です。("腎陽"の機器の不足)

現れる症状   :冷え性、下痢、

妊娠に関わる症状:基礎体温の低下、流産しやすい

2. 血虚(けっきょ)

体に栄養と潤いを与え、妊娠に関わりの深い"血"の量が不足したり、血の力が低下した状態です。

血液の流れが悪く、血の質も低下。脈も弱くなります。

現れる症状   :めまい、脈の力が無い、内蔵の機能が弱い

妊娠に関わる症状:月経量が少なくなる、血の色もうすい

3. 気滞(きたい)

体のエネルギーである“気”の巡りが悪くなった状態です。

現れる症状   :移動する痛み、げっぷ、放屁が良く出る、舌の色が暗い

妊娠に関わる症状:生理周期は不安定、月経の量が少ない、生理前、胸の張りが強い・イライラする



4. 瘀血(おけつ)

血の巡りが悪くなった状態です。あちこちに古い血液がたまり、新しい血液が入らず血行が悪くなっています。

現れる症状   :刺すような痛み、コリ、舌の色は紫・暗い、

妊娠に関わる症状

子宮・卵巣の血液に古い血がたまると、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣嚢腫など子宮卵巣のトラブル

②月経の排泄がつまくいかず、卵胞発育と黄体期に影響が出る

③月経血が黒い、レバー状の塊や粘膜のような塊が混じる

④月経前後は頭痛がひどくなる

⑤月経前後はお腹が張って固くなる

⑥月経痛が辛い

 

5. 陰虚火旺(いんきょかおう)

体に必要な潤いである“陰”が不足した状態。※陰 とは、血液やリンパ液など体の中にある水分全般を指します。

現れる症状   :のぼせ、ストレスを感じやすい、イライラする、口内炎ができやすい、体液量の不足、

妊娠に関わる症状:性交痛、子宮・卵巣を滋養する血液の不足


6. 痰湿(たんしつ)

体の中に余分な水分が溜まっている状態。

現れる症状:むくみ、新陳代謝の低下、老廃物がたまる

妊娠に関わる症状:多のう胞卵巣症候群


いかがでしたか?

当院では、体質に合わせた治療と、ご自身でできる養生法もお伝えして、妊娠しやすいお体に導きます。

当院の治療について詳しくご覧になりたい方は、下記リンクをご覧ください。

迎春堂の不妊鍼灸について

(↓ 詳しくは各項目をクリック)  

不妊と食べ物

東洋医学における不妊症

西洋医学における不妊症 

不妊ダイエット鍼灸

不妊に関わる婦人科疾患

不育症 

不妊鍼灸治療効果(世界の研究)

CALL