東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患

 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
体質改善
安産治療
婦人科疾患
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH




携帯サイトは
こちらへ


不妊に関わる婦人科疾患




子宮頸疾患

子宮はなすび、あるいは人の頭の様な形をしています。解剖学的に子宮の首の
部分を「子宮頸部」、頭の部分を「子宮体部」と呼びます。癌の発生部位が前者の
場合は「子宮頸癌」、後者の場合は「子宮体癌」に分けられます。子宮頸癌と子宮
体癌は、子宮という同じ臓器に発生しながらも、全く異なる癌なのです。

・子宮頚癌
子宮頚部に発生した悪性腫瘍であり、女性生殖器癌の中では最も頻度が高いと
されています。多産婦に多く、好発年齢は40代ですが、30代では乳癌よりも子宮
頚癌の方が発症率がかなり高いのが現状です。自覚症状として、不正性器出血、
おりもの、腰背部痛を伴う事が挙げられます。

・子宮頸管炎
経産婦の約60%に見られます。これは頸管粘膜の炎症で、単独で起こることは
稀ですが、多くの場合腟炎などから上行感染で広がります。子宮頸管は、腟を介
して外界と直接通じている事や、分娩や人工妊娠中絶時に頸管損傷を生じやす
い事、また感染に比較的弱い子宮腟部びらんが頸管の入口に存在する事などか
ら、腟と同様に女性性器の中で最も感染を受けやすい所です。
クラミジアの感染によるものは、日本を含めた先進諸国で大流行があると言われ
ており、慢性化すると子宮内膜症や不妊症を引き起こすこともあります。炎症によ
って頸管粘液に異常をきたし、精子の侵入を妨げる原因にもなります。

・子宮頸管ポリープ
良性腫瘍ですので、ポリープ自体が癌化することはありませんが、必ず根元から
切除するようです。
妊娠を経験したあらゆる年代に起きますが、30代~50代の女性によく発生します。
接触出血が起
こりますが、それ以外自覚症状はほとんどありません。子宮頸部の粘膜細胞が、
炎症をきっかけに増え、茎をもったできものとして頸部から子宮の出口へ飛び出
した物です。痛みはなく、妊娠・
出産には全く問題はありません。しかし、ポリープが精子の通過を邪魔する状態
になると不妊の原因となってしまいます。

「女性の命を守る事は少子化問題の観点からも重要」として、子宮頸癌予防の為
にワクチンを学校で集団接種する取り組みが2009年秋から始まりました。子宮頸
癌は性交渉によるヒトパピローマウイルス(HPV)感染によって起きると言われて
います。ワクチン接種によって予防できる唯一の癌との事ですが、接種は計3回
必要で、費用が高額の為、各地で公費助成を求める声が高まっています。ある
市では接種費用を全額負担するようで、小学6年女児のうち98.5%が接種を希望
していたそうです。


△『婦人科疾患』TOPページに戻る     △『不妊治療』TOPページに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.