東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患

 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
体質改善
安産治療
婦人科疾患
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH




携帯サイトは
こちらへ


不妊に関わる婦人科疾患




多嚢胞性卵巣症候群

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)は排卵障害の症状のひとつで、超音波断層診断に
おいて卵巣に多数の中小の卵胞がみられます。卵胞はある程度育ちますが、全て
未熟の卵の状態で成熟しないために排卵ができません。卵巣の被膜の肥厚により
臨床症状としては、不妊・多毛・男性ホルモン過剰・無月経・不正出血・肥満・男性
化徴候などがあげられます。
発症の原因ははっきりとしていませんが、中医学では体の気・血・水の代謝異常と
考えます。
体に余分な悪いものが滞っていると、気・血・水の代謝低下となります。
東洋医学の鍼灸・経絡治療は、主に気・血・水のめぐりを改善させて良質の元気な
卵を育て、排卵を促進させる方法をとります。







△『婦人科疾患』TOPページに戻る     △『不妊治療』TOPページに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.