東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
迎春堂鍼灸院について
他院との違いについて
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
不妊鍼灸効果について
安産治療
婦人科疾患
妊娠しやすい体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
不妊ダイエット鍼灸
更年期とその他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ

 

 治療理念不妊症あれこれ不育症あれこれ体質改善
東洋医学(中医学)における不妊症診断 ●中国伝統療法による不妊鍼灸がもたらす効果について

   不妊鍼灸効果について
     

不妊の症状はそれぞれあります。そのある中で長年実績のある中国医学伝統療法
によると一番重要な視点は体質改善であると言われております。
 良質の卵を作るために、着床、成長できる子宮環境を作るために体質改善が必要
なのです。その体質改善に鍼灸治療が大きな効果をもたらしています。
当院の不妊鍼灸治療では五臓と女性特有の経絡や最も有効なツボを選択し、
骨盤内の子宮・卵巣に対する循環を良好にすることにより、排卵障害・高齢不妊・
冷え性・不眠・自律神経失調やホルモンバランスの崩れなど不妊に伴うストレスを
解消します。
また病院の治療と足並みを揃えて患者さんお一人お一人の身体と向き合って治療
にあたっております。

 当院では、体外受精を成功させるために不妊鍼灸を併用している患者さんの60%
以上妊娠しています。
では、なぜ体外受精を成功させるに不妊鍼灸の併用が着床、妊娠率をあげるので
しょうか?
研究報告からみますと、通常、体外受精の確率は高くて30%程度です。鍼灸治療を
併用することによって40%を超えたのは良い結果が出ている証拠になります。
他にも体外受精の成功率に関しても、不妊鍼灸治療を行うか、行わないかの違いで
数値の差が出ています。不妊鍼灸治療を行って体外受精を行った場合は成功率が
65%という高い数値が計上できたこともあるようです。やはり、不妊鍼灸との併用に
よる効果が期待できるとの結果であり、数字によって証明されております。
当院の不妊鍼灸は中国伝統治療により女性の経絡の流れ、骨盤内の子宮、卵巣、
気血、エネルギーを高め、体質改善により妊娠しやすい身体を作ります。

以下は、世界各国の不妊鍼灸効果の研究発表をご紹介致します。
中日新聞(平成13年12月28日号)より治療を続けても子宝に恵まれない不妊症の
女性に対す鍼灸治療が、妊娠率を飛躍的に向上させる効果のあることが名古屋市
瑞穂区、明生鍼灸院と愛知県豊田市、竹内病院トヨタ不妊センターの共同研究で分
かった。初めてこの研究はまとまった症例数による不妊症への鍼灸効果を、科学的
データで検証した。
 不妊症鍼灸効果の研究は、結婚後五年、不妊専門機関で2年治療しても妊娠
しない不妊症患者で、体外受精など高度な生殖医療を3回以上受けても妊娠できず、
子宮の内膜が薄いことが原因と推定される57人(平均年齢34.7歳)が対象。
患者たちに鍼灸治療を半年以上続けたところ、31人の内膜が厚さ六ミリ以上など妊娠
への一定基準に改善。うち⒕人(同33.7歳)が、冷凍保存した自分の胚を移植して妊娠
することができた。
 このほか、不妊の原因が分からず、月経異常や頭痛、肩こりなど、健康に問題がない
のに感じる体の不調(不定愁訴)がみられる患者24人(同35.2歳)への鍼灸治療でも、
7人(同36.1歳)が妊娠した。
鍼灸治療が子宮の血流を活性化させ内膜の改善に至った可能性があるほか、妊娠より
先に不定愁訴が治った例が8割もあった。
高度な生殖医療の妊娠率は20%~30%。これを3回受けた後は妊娠率が著しく下がる
とされる。
流産を2度経験し、鍼灸治療で内膜が整い結婚6年目の今冬、出産した愛知県内の
女性(41)は「排卵誘発剤などの連続使用で体調を崩し、身も心も限界だった。ゆっくり
治す東洋医学で気持ちがほぐれた」と振り返る。
竹内病院センターの越知所長は「西洋医学を建物の補修に例えるなら、東洋医学は
土台の改良工事。むやみに薬を増やすのでなく、自然の治癒力を引き出す東洋医学の
知恵が役立てば」と話していた。

2002年ドイツ中国共同チーム 
体外受精の前後にハリ施術をすると妊娠率が大幅に向上するという研究結果をドイツ
と中国の研究チームがまとめた。
米生殖医療学会誌に掲載された報告によると体外受精(IVF)を受ける女性160人を
2つのグループに分け一方に体外受精の際受精卵を子宮に戻す前後に針施術を
実施した。もう一方のグループには針施術をせず通常の体外受精を行った結果は
鍼施術グループの妊娠率が42.5%に上がり通常施術の26.3%を大幅に上回った。
(読売新聞より抜粋)

2006年デンマークからの発表
胚移植日に鍼灸治療を行なうと体外受精、顕微授精の妊娠率を上昇させる273例
を研究対象とし、鍼を行なわない組では22%の妊娠、鍼治療組では36%の妊娠率と
なり、鍼灸治療を行なった組に有意に妊娠率が高くなった。

2008年アメリカからの発表 
British Medical Journal 2008年  アメリカからの発表(メリーランド大学、ジョージ
タウン大学産婦人科) 過去の7件の臨床試験のデータをまとめた。はり療法を併用
した胚移植は、はり治療を受けた群の臨床的妊娠は1.65倍高く、継続中の妊娠は
1.87倍、生児分娩率は1.91高く、はり治療は妊娠率の高さと関連していた(アメリカの
生殖医学学会誌)より

2002年中国からの発表
「中国国内の不妊症の針灸治療の報道」(2002年4月18日) 
「武漢電」昨日、ドイツの研究チームによる中国武漢「同済病院」との合同研究の
結果が発表された。
針灸治療により体外受精妊娠率が50%近く向上するというもので、『妊娠と不妊症』
という医学雑誌に掲載された。専門家によると針灸治療により子宮の筋肉の緊張
がほぐされ、循環が改善されるためではないかという。ただし、そうすることによって
なぜ妊娠率がアップするかははっきり分からない。今後はもっと研究を進める必要が
あるという。
研究チームは中国伝統医学に基づいて子宮の筋肉をほぐすツボを使って、針灸
治療を行う。
また、ホルモンや自律神経の調整をすることによって、受精卵が子宮に着床し
やすくなるという。
研究チームは鍼灸で脾経、胃経、腸経などの経絡を使って、子宮の気、血の循環
がよくなり、妊娠率が向上しているのではないかとみている。


『新明日報』より
1980年代に「中国江西中医大学」「中国上海第一医科大学」は生理不順の患者
に対して、鍼灸治療を行う過程の中で、排卵促進率は54.4%まで上がると分かった、
生理不順患者の中不妊症患者が妊娠したと報告した。動物に実験で関元、気海、
三陰交に電気針、2時間後に黄体生成ホルモンが最高値に達し、排卵反応も
観察された。研究結果では、鍼灸は不妊症患者の生殖内分泌機能に対する影響
は大きく、黄体生成ホルモンに対する脳下垂体の反応を増強させ、排卵の促進に
繋がった。
脳下垂体の反応が増強した結果、子宮内膜の厚みも増加した。
また、鍼灸の免疫増強の働きで、免疫抗体が卵管の炎症、癒着などを修復し、
卵管の開通につながった。


このようにして、鍼灸による不妊治療の高い効果が世界で認められています。
当鍼灸院の、中国伝統療法に基づいた格別な不妊鍼灸効果を、ぜひお確かめ
ください。

  △ ページのTOPに戻る
 

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.