東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



   過去のコラム

     

 3月5日

 不妊鍼灸治療専門の迎春堂治療院です。
  1月29日のコラムでは、「冷え症チェックリスト」をご紹介しました。
 みなさん、いくつありましたか? 

  さて、今回は「手のひら体温チェック」をご紹介します。
  深部温度(体の内部の温度)を表すわきの下の温度と、冷えが強く現れや
 すい「おなか」「太もも前面」「おしり」「二の腕」の皮膚表面との温度差を、手
 のひらを使って比較していきます。まず手のひらをわきの下に当てて、温度を
 しっかりと感じとったら、手のひらをへその下に当てて温度差をチェック。
 その後、再びわきの下の温度を確認し、同様に太もも前面、おしり、二の腕
 へとチェックをくり返します。わきの下よりも冷たいと感じた部位が1ヶ所でも
 あれば、体は冷えています。
 なお、このチェックは起床時に、布団の中で行うのがベストです。みなさんの
 体がどれだけ冷えているか?確認できたでしょうか?
  病の原因の1つとして必ずと言ってよいほど冷えがあります。
 女性、男性も不妊でお悩みの方やEDの方はとにかく体を温めることを心が
 けましょう。なかなか不妊治療の効果が出ないという人も、とりあえずお腹を
 温めることをおすすめします。(効果的な体の温め方は昨年の11月20日のコ
 ラムで紹介した湯たんぽの使用法をご参考ください)当治療院では冷え性
 を改善することで、妊娠しやすい体質に体を変える治療を行っています。

 参考:『湯たんぽを使うと美人になる』班目健夫
     『冷えを取れば万病が治る』川嶋朗
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.