東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

秋の過ごし方
中国の古典「素問」には春夏秋冬の過ごし方についても書かれていています。
秋は収穫の時期ですが、その過ごし方にも通じるところがあります。
春に芽吹き夏に成長したものを秋に収穫するように、春から夏にかけて外に向けて活動してきたものを内に収めていく季節です。
日も短くなってくるのでこれまでのように活動的に動き回るのではなく睡眠もしっかりとりましょう。
秋の澄んだ空気の中にいると身が引き締まりますが、この時期はあまりキッチリしすぎずに穏やかに過ごすよう心がけましょう。
また、空気も乾燥してくるので肺を傷めやすいのです。肺を清潔にたもち、深く呼吸するよう心がけましょう。
これらを無視すると、冬に下痢をしてしまうとされています。

本来、身体に栄養を溜め込まないといけない冬をうまく乗り切れなくなるのです。
中医学では、現在の体調は一つ前の季節の養生によってつくられるものと考えています。秋に身体を整えることは、冬を元気に過ごす準備にもなります。寒い冬に備えるためにも、心身ともに今からしっかり養生しましょう。


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.