東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

基礎体温と不妊

基礎体温は一般的には28日周期で低温期が14日、高温期が14日続くのが理想です。
ですが、中には高温期が短い人がいます。
それはなぜでしょう?

1  排卵していない(遺残卵胞)

2  黄体機能不全でホルモン分泌が少なく、高温期を維持できない

両方とも、不妊症の原因になりますね。
1 遺残卵胞の場合は、低温期も短く高温期も短いです。
  誘発剤の使用でホルモンバランスを崩した次の周期に起こることが多いです。
2 黄体機能不全は黄体ホルモン(プロゲステロン)が少なく内膜の厚みを維持できずに、
  着床しにくくなります。原因は自律神経の乱れや冷えで血液循環が悪くなってしまうからだと
  言われております。

その場合、
●運動
●身体を温める
●睡眠

を気を付けましょう。
また、当院では頭皮鍼でホルモン分泌が改善された方がたくさんいます。
ぜひ一度お身体お見せください。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.