東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

『無理なダイエットが及ぼす危険性』


女性なら一度はスリムな体型に憧れるのではないでしょうか。
しかし、一時的の無理なダイエットをしたことで後に無月経、月経はあるが排卵していない、骨粗鬆症、
拒食症などに陥る危険性があります。
月経や排卵がおこるメカニズムは脳の視床下部から主にFSHとLHというホルモンが充分に、バランスよく
分泌されることが必要です。
無理なダイエットをしたことで排卵障害になる場合は、脳の視床下部というところがダイエットによって
「飢餓状態」となり、視床下部に大きなストレスがかかることで子宮や卵巣機能をストップさせ、イライラ、
憂鬱、睡眠障害なども引き起こします。

痩せ過ぎも肥満も妊娠を望む上でよくありません。
判断基準としてBMI指数というものがあります。
一般的にBMI指数が22前後が基準値と言われており、BMI指数17.5を下まわると無排卵や無月経に
なりやすいです。
簡単なので一度ご自分の標準体重を確認してみましょう。

【BMI指数の計算方法】
体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

心身ともに健康であるために日頃からご自身の体重管理をして、赤ちゃんを迎えやすい身体を目指して
いきましょう。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.