東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

ツボのちから

ツボとは経絡の中にあり、刺激すると「気」「血」「水」の調節に効果があります。
ツボ押しが健康に効果的なのは、この調節が関わってくるからです。

さて、今回は精神を安定させるツボと、卵胞の発育の調節になるツボを紹介したいと思います。
まず、精神安定のツボを紹介します。現代はストレス社会と言われています。女性はストレスを感じると、
自律神経が不安定になり、生理不順や不妊につながってしまいます。その予防のためにも精神安定のツボは
知っておくと良いと思います。

まず1つ目は「神門」というツボです。手のひらで、小指の付け根の関節の下辺りに位置します。
もう1つは「百会」というツボです。これは頭のてっぺんにあります。
イライラしたり、スッキリしたいときに押してみましょう。

次に、卵胞の発育の調節になるツボを紹介します。
すねの外側、膝から指4本分下にある「足三里」というツボは、気の流れを調節してくれるツボです。
内くるぶしから指4本分上にある「三陰交」というツボ、血の流れを調節してくれます。
気と血を調節することで、卵胞の成長を助けることにつながるのです。
女性の特別な経絡の任脈にあるツボで、「関元」というツボがあります。おへそから指4本分下に位置します。
このツボは元気の集まる場所で、疲れているとベコべコします。生理不順などに効果があるので、「足三里」や
「三陰交」と一緒に刺激してあげるとより効果的になるでしょう。

セルフケアに是非活用してみてください。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.