東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

瘀血とは

瘀血とは体内に血が滞った状態をいいます。
わかりやすく表現すると『血液がドロドロになりスムーズに流れることができない状態』をイメージして
みて下さい。

女性は月経があるため、生理不順などがおこると不必要な血液が上手に体外へ排出されず子宮内に
留まってしまうとそこに瘀血が生じます。

このようなことから子宮や卵巣は瘀血の影響を受けやすく、排卵障害、子宮内膜症、チョコレート嚢腫、
子宮筋腫、不妊の原因にもなります。

【瘀血ができる原因】
冷え・ストレス・過労・運動不足・薬の長期服用・肥満・不規則な生活や食習慣

【瘀血チェック】
*生理時にレバー状の塊が出てくる
*ひどい生理痛
*月経前症候群(PMS)症状
*舌の色が暗紫色や舌の裏に太い静脈が浮き出ている
*あざやしこりができやすい
*顔色が悪い
*ズキズキした痛みやうずきやしびれ
(例: 肩こり、腰痛、頭痛)
など

当院では鍼灸治療をはじめカッサ、経絡マッサージ、磁石療法を用いて瘀血を改善する治療を取り入
れています。
みなさんもできることから生活習慣を改善し、瘀血のない体を目指していきましょう!


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.