東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

冬の養生法

12月に入り毎日寒い日が続いています。東洋医学では、冬の3か月を「閉蔵」と言います。
寒い冬は、万物が静かに沈みます。そのため、冬はゆっくりと過ごす季節と言われています。

秋から冬にかけて身体は収斂し、寒いこの時期の身体はますます圧縮していきます。
しかし、体は体温を上げようとしているため、心臓に負担をかけています。
冬は、夏と同じように活動してしまうと体は消耗してしまいます。日常生活では、無理をせず静かに過ごし、
運動を行う場合は、「陽気」が盛んな日差しがある日中に軽く行い、陽気を消耗しないようにすることが
大切です。

また、暖房や着込み過ぎなどで、体を過剰に温かくしてしまうと皮膚が開きすぎてしまい、逆に「陽気」が
体から逃してしまいます。室温や服装を上手く調節しながら、体から熱を逃さないようにしていきましょう。

四季の中で、冬は「寒さから体を守り、力を蓄え、無理をしない」季節です。
寒い冬は、生理機能低下、循環停滞しないように、鍼灸治療で身体を上手に温めて、冬を元気に
乗り切りましょう。



△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.