東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

10月21日

カフェインと流産

「仕事の合間にちょっと1杯」や「家事の合間の休憩に・・・。」とついつい飲んでしまいがちなコーヒー。
実はアメリカの研究でコーヒーを1日に4杯以上飲む人と飲まない人の流産率を比べたものがありました。
結果は、飲む人の方が飲まない人に比べて、流産のリスクが20%も高いことがわかりました!!

また、コーヒーだけではなく【カフェイン】の摂取量が多い分だけ、流産の確率が高いことが分かりました。
カフェイン摂取量と流産率は比例するそうです。

100ml中のカフェインの含まれる量は
コーヒー 45mg(エスプレッソやドリップはもっと多くなります。)
紅茶   30mg
ココア  30mg
ウーロン茶 20mg
緑茶    20mg
ほうじ茶  20mg
抹茶    30mg
玄米茶   10mg
コーラ   10mg

個人的な感想ですが、ほうじ茶や玄米茶はノンカフェインだと思っておりました。
また、意外に多いのが 抹茶!
あまり飲むことはないかと思いますが、頭の片隅に入れておくと良いかもしれませんね。

一つずつ飲む量は少なくても、1日に意外とカフェインを摂取してるかも…と気づきました。
飲まずにいるのはストレスになるので、先ずは知ることから…そして少しづつ行動に移していければ
良いのではないでしょうか?









△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.