東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

8月12日

セロトニンとメラトニン

不妊治療には、朝早く起きて夜は早く寝るという事がとても大事になってきます。
不妊鍼灸院では度々聞かれることだと思います。
その理由は・・・。
朝日を浴びると『セロトニン』が分泌されます。
『セロトニン』は『メラトニン』というホルモンを作る材料になる大切なホルモンです。
また、『メラトニン』は就寝時に分泌され眠りに誘導します。
早起きが良い睡眠につながる理由はまさにこれです。
また、『メラトニン』は卵胞液中の濃度が卵の質と関係するとも言われています。
体外受精における研究で、『メラトニン』を摂取することで受精率・妊娠率が上がったと言われています。
『メラトニン』は0時~2時の間が最も分泌されるので、不妊治療中の皆様は、ぜひ早寝早起きを心掛けましょう。
また、鍼灸治療も質の良い睡眠に効果があります。
なかなか寝付けずについ遅寝遅起きになってしまう方、ぜひ一度鍼灸院に足をお運びください。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.