東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

3月11日

「冷えのぼせ」について

冷え症でお悩みの女性も多いかと思いますが、今回は冷えの症状に加えのぼせの症状も同時にみられる、
「冷えのぼせ」についてお話ししたいと思います。

手足は冷えているのに、顔や頭(上半身)だけがぼーっと熱くなる症状のことを「冷えのぼせ」といいます。
更年期症状と似ていますが、「冷えのぼせ」はどの年代にも起こります。
更年期症状はホルモンバランスの乱れに起因するものですが、「冷えのぼせ」は冷え症が悪化して起こる
ものです。

冷えが起こると血流が悪くなり、身体の末端の血液やリンパがうっ滞し、むくみが生じます。
一方で、本能的に身体の末端の温度を下げてでも頭部の温度を保とうする働きが起こります。
その結果、頭部と末端の温度差が大きくなり、これが「冷えのぼせ」という症状になります。
「冷えのぼせ」になると、体温を一定のバランスの保とうとして、交感神性と副交感神経が頻繁に働く
ようになり、自律神性も乱れてしまいます。そのため、寝つきが悪くなったり動悸や緊張などの気分障害
が現れることもあります。

「冷えのぼせ」を改善するには、冷え症状を改善することはもちろんですが、自律神性を整えることも大切です。
身体を温める他に、適度な運動を取り入れることを心がけましょう。

また、鍼灸には身体を温める作用、自律神性を整える作用がありますので、上記のような症状が思い当
たる方は、当院で鍼灸治療を受けてみることもお勧めします。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.