東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH

過去のコラム

   

2月26日

月経前症候群(PMS)について

月経前症候群 PMSとは、Pre-menstrual Syndromeの略で、月経の始まる1~2週間前ぐらいから、
心や体に不快な症状が現れ、月経開始とともにその症状が消失するものを言います。

心の症状では、イライラ怒りっぽくなったり、気分が落ち込む、集中力の低下などがあります。
体の症状では、乳房の張り、むくみ、肩こり、便秘、下腹部痛などがあります。
これらの症状には個人差があり、多少誰にでもみられる症状です。この不快な症状は、排卵後の黄体
ホルモンの急激な増減が原因のひとつと考えられており、日常生活に支障をきたさない程度の症状に
おいては、過剰に心配し過ぎる必要はありません。

東洋医学においては、「肝」や「腎」が深く関係していると考えられており、PMSの症状が強く現れる時は、
「腎」が弱っていると考えられています。「腎」=生殖機能の弱まりにより、心と体がストレスに対応できて
いない状態になり月経前の不快な症状が現れると考えられています。

当不妊鍼灸院では、鍼や灸、中国伝統治療をもとに弱っている「腎」を補い、体を温めて全身の冷えを取り
除き、心や体をリラックスさせていきます。また、当不妊鍼灸院の頭皮鍼は、内分泌コントロールを行い、
自律神経やホルモンの機能を調節してききます。
当不妊鍼灸院で、月経前の不快な症状を少しずつ改善してみては如何でしょうか。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.