東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

9月4日

体外受精と鍼灸

当院に通われている方で、体外受精の前と移植当日に治療を受ける方がたくさんいます。
それは、全世界の研究によって実証されている結果なのです。

☆2002年にドイツと中国の研究チームがまとめました、体外受精前後に鍼灸治療すると妊娠率が上がる
☆2006年 日本で体外受精を5回以上行っても妊娠しない人が鍼灸治療で4割が妊娠した
☆ 体外受精を受ける女性が同時に鍼灸治療を受けると65%妊娠率がUPした
などなど・・・。数々の報告が出されております。

また、当鍼灸院では移植後数値が低く、妊娠は望めないかと思っていたところ、鍼灸治療の回数を増やし
治療を続けたら数値が上がり妊娠を未だ継続されている患者様もおります。

鍼灸治療を体外受精を別々に考えず、二つ同時に行うことで妊娠率が上がりますので、リラックスも兼ねて
当鍼灸院に通われることをお勧めいたします。




△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.