東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

7月31日

生理周期の調整原則

東洋医学では、世の中のあらゆるものを陰と陽の2つの性質に分け、対立する関係としています。
陰は「暗い・
冷たい・静か」、陽は「明るい・熱い・活動的」という性質を持っています。

左の図は、太極図というもので、陰と陽の転化を表しています。
一番上の黒が最も多いところが陰の極まったところ、一番下の白が
最も多いところが陽の極まったところになります。陰が極まると徐々に
陽に転化していき、やがて陽が極まります。陽が極まると
今度は徐々に陰に転化していき、 やがて陰が極まる、陰陽の移り変わりを表しているもの
です(時計 回りに見ています)。これは、世の中に存在する全ての事物の性質の転化を表
しています。
当院では、これを生理周期にあてはめて治療原則としています。一番上の陰の極まったところが
生理期、一番下の陽の極まったところが排卵期になり、図の向かって右側の陰から陽に移って
いくところが卵胞期、向かって左側の陽から陰に移っていくところが黄体期となります。
この治療原則に基づいて、陰の時期には補腎陰(陰がだんだん減っていくため腎陰※を補う)、
陽の時期には補腎陽(陽がだんだん減っていくため腎陽※を補う)といった治療を行って、生理周期
の調整をしています。
また、生理前には補血、生理中に活血というように血(けつ)の調整も併せて行っています。


           ※腎陰・腎陽について
              五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中で、腎は生殖機能に関係がある臓で、
              腎陰と腎陽を宿し、各臓の陰陽の根本とされています。


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.