東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

4月10日

眼精疲労と不妊

4月になり、春らしい過ごしやすい季節となりました。
「春」は、東洋医学の五行理論の観点では「眼」「肝」「筋肉」などと同属し、それぞれ密接な関係がある
と考えられています。

「春」は特に「眼」に影響を与えると言われていますが、現代はパソコンやスマートフォンなどの普及により、
季節を問わず眼を酷使する事が多くなりました。
疲れた眼を休息させて回復する ”疲れ眼” よりさらに進んで、眼の疲労感や重圧感を感じる 
”眼精疲労” になると、「眼」だけでなく「筋肉」・全身の疲労、頭痛、肩こりなども起こしていきます。

「眼」を酷使するということは、「肝の経絡」・血液の貯蔵庫がストレスの影響を受けて失調し、
全身の気血のめぐりが滞ります。その結果、脳を通じて体が緊張し、男女問わず骨盤内(生殖機能)にも
影響を与えていく事となります。

しかし、現代はパソコンなどのツールは生活に欠かせないものとなり、遠ざけることは容易ではありません。
眼を酷使した後は、眼の周りのツボを押す、眼球の運動など、簡単なケアも眼の休息となります。

4月は新生活スタートの季節でもあり、知らず知らずにストレスを溜めやすい季節です。
不妊鍼灸治療で、少しの時間でも眼を閉じて、疲れた体を緩める時間を作ってみてはいかがでしょうか。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.