東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

3月6日

お灸で体調改善

当治療院でも使用しているお灸についてご紹介いたします。

お灸は、皮膚上のツボに置いて燃焼し、その温熱刺激で血行を良くし体の様々な不調を改善させるもので、
特に女性特有の疾患によく効きます。
体全体のバランスを整えることにより、不妊症にも大変効果が期待できます。

お灸は、草餅やよもぎ飴などにも使用されている蓬の葉から作られています。
蓬の葉の裏にある腺毛と呼ばれる部分に含まれているチネオールという揮発性の精油により、あの独特の
芳香を発しています。

自宅でセルフケアをする際におすすめするツボは三陰交です。
場所は、内くるぶしの中心から指幅四本分上のところにあり、骨の縁を軽く摩ると少し凹んでいます。
三陰交を刺激すると下半身の血流を促進させ、骨盤内、特に子宮の状態を良くする働きがあります。
このことから、冷えやむくみ、生理不順、不妊、更年期障害、また、肩こり、腰痛などにも効果を発揮します。
薬局などに色々なお灸が売っていますので、気軽に自宅でもケアできます。

三陰交の名前の由来は、肝経、腎経、脾経の三つの経絡(気が流れる道筋)が交わっているというところから
きています。一つのツボで三つの経絡の効果が期待できる、まさに万能ツボなのです。
また、女性特有の健康に大きく影響することから別名「女性のツボ」とも呼ばれています。

ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.