東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
鍼灸効果
安産治療
婦人科疾患
体質改善
施術の流れ
不正出血について
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
患者様の声
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
アクセス
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH
過去のコラム

   

11月21日


今週は41歳の主婦の方から頂いたお便りを掲載させていただきます。

同じ様に不妊で悩んでいる方に、少しでも力になれるように体験記を書かせて頂きます。

タイミングや人工授精で2年間治療してきましたが、もう一歩踏み込んで体外受精をしようと言う頃、
以前からずっと気になっていた鍼治療も併用しようと考えました。
体外受精をどうしても成功させたかったからです。

HPなどを見て、他とは違った治療をしてくれそうなので、迎春登録灸治療院にしました。
はじめての鍼治療は緊張しましたが、問診の時の恵先生の優しい励ましに、金銭的にも苦しいけれど
頑張ってみようと思いました。

週に1回で通い続け、最初の生理がすごく軽くなりました。
普段は内膜症もちだったので、生理 1日目は必ず痛み止めを飲んでいましたが、飲まずに重だるい
だけで済みました。

次の周期に体外受精で陽性反応が出ましたが、数値が低く病院の先生からは「今回は無理かもしれ
ない」と言われ、その後鍼灸院で恵先生にお話したところ「大丈夫!もう少し回数を 増やして通いましょう」
と言われ、ダメもとで通ってみたところ、見事に数値が上がって行きました。
恵先生に報告した所 「これが東洋医学です」と、力強いお言葉が返ってきました。

つわりやお腹の張り、子宮の中に血の塊がある等、不安なことはありましたが、 今は無事299Ogの
元気な男の子が生まれております。
あの時医師の言う通り諦めていたら、この子とは出会えなかったのかと思。うと、諦めずに頑張って
よかったと心から思います。

皆様も諦めずに、がんばってください。
また、妊娠のことぱかり考えずに難しいかもしれませんが、違うことに熱中する時間も大切かと思います。


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.