東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊鍼灸
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ
過去のコラム

   

12月13日

冬の養生法

最近、急に寒くなってきましたが、風邪などひかれていませんか?
昔から春夏秋冬に合った過ごし方があると言われています。
冬ですと、夜は早く寝、朝はゆっくりと起き、体内の陽気を漏らさないように寒い刺激を避け、体を暖かく包む。
これに背くと冬によく活動する腎気が傷んでしまいます。
すると翌春に足がしびれ、腰が曲がる病気になると言われています。

不妊鍼灸院としてはこう考えます。
腎気は赤ちゃんをお腹の中に留めておくという大切な働きがあります。
不妊治療の皆様は遅くとも11時には寝て、7時間は睡眠を確保して頂けると良いと思います。
なぜなら、脳と腎は深い関係があり、脳を休ませることは下垂体のホルモン調節を円滑にし、妊娠しやすい
身体作りへと繋がります。
そしてどうか皆様、身体をいたわり、きちんと栄養を取り、不妊鍼灸により脳と腎の活力をアップし妊娠力を
高めて行きましょう。



 
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.