東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

8月 23日

夏の冷房病対策について

 8月も下旬を迎えますが、暑さは一向に衰える兆しがない今日この頃ですが、皆様には
お変わりはありませんでしょうか。
 今年も熱中症で搬送される方も多くみられ、一日中クーラーをフル回転というご家庭も
多いのではないでしょうか。そうした中で、「冷房病」にかかる方も見受けられます。
 「冷房病」の原因は、体温を下げる交感神経と、体温をあげる副交感神経のバランスが
崩れることから多く、疲労感・頭痛・食欲不振・下痢・不眠などの症状を伴います。最近、
少し、疲れ気味だなとか、頭がガンガンするなどの不快症状を感じ取ったら、なるべく
早めに対策を取ってみてください。
 対策としては、①毎日30分以上はぬるめのお風呂にゆっくりつかり、たっぷり汗をかくこと、
②麦茶などの水分を1日1リットルは摂取すること、③お腹を温めることなどがあげられます。
 さらに、日常の食生活は、日本食中心でバランスよく食べます。海外などでも体調を壊した
時に、日本食を口にするということはよくあります。
 冷たい飲み物だけではなく、暖かな飲み物を口にすることによって、冷えすぎから内臓を
守っていきましょう。
 クーラーの効いた部屋の中で、ついつい運動を怠けてしまいがちですが、無理ない範囲
でのストレッチや体操をお勧めします。
 寝苦しい夜を涼しく過ごすグッズも最近では、充実しており、夜はなるべく早く休んで充実
した睡眠をとっていきましょう。
 夏は、ストレスを抱えやすくなる時期でもあります。なるべく、ストレスの原因となるものから
遠ざかるようにしましょう。夏の繁忙期を過ぎたので、小旅行を計画するのもおすすめかもし
れません。
 今年の夏にぴったりのデザート「緑豆湯」をお勧めします。緑豆あるいは小豆をたっぷりの
水で煮て、少し砂糖を加えます。甘味を濃くしない方が、健康的にもおすすめです。冷房病
の対策にもおすすめです。温めた「緑豆湯」を飲みながらおくつろぎください。
 迎春堂鍼灸治療院では、冷房病を効果的に予防し、治療する鍼灸を行っております。もし、
症状にお心当たりのある方は、ぜひ当院で、治療を受けられることをお勧めします。不妊症
の方は、夏の時期に身体を冷やしすぎず、秋の豊かな実りを味わっていただくことが、妊娠
力アップにつながってまいりますので、ぜひ、一度当院にご来院くださいませ。皆様のお越し
をスタッフ一同お待ち申し上げております

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.