東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

12月17日

今回は「風邪と葛根湯」についてです。

風邪の漢方薬といえば、「葛根湯」をイメージする方が多いのではないでしょうか?
漢方では、葛根湯だけではなく、体質や、風邪の症状に合わせて
いくつもの種類があり、得意とする症状はそれぞれバラバラです。
葛根湯の場合は、
①風邪の引きはじめ
①悪寒がする(ぶるぶる震える)
②熱が上昇中
③汗が出ない
といった症状が得意で、これから熱が高くなりそうな時に飲むとよいそうです。
つまり、熱が上がりきった時や、鼻水、鼻づまりを止めたい場合には適さない
ことになります。

葛根湯の中に含まれている「葛根」は、日本で昔から「くず湯」として親しまれて
います。
漢方薬でもよく使われる生姜と混ぜて飲むと、身体が温まります。
冷え症の方にもよいでしょう。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.