東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

12月10日

今回は「睡眠について」のお話しです。

足尖が冷たくなる季節がやって来ました。その所為で中々寝付けないという方も少なくないでしょう。
この冬、「季節性」と共に「新型インフルエンザ」も猛威を振るうのでは、と予測されていますが、こんな時こそぐっすり眠って免疫力を高めたいですね。

まずお風呂。
ベッドに入る一時間前程度に、熱くないお風呂に自然塩を一つまみ入れた20〜30分浸かると、ポカポカが続き、疲れた足のむくみ解消にも効果があります。
そして、お休み前には生姜湯を飲みます。
親指くらいの生姜を摺り下ろして、蜂蜜または黒糖で甘みをアップ、葛粉でとろみをつけて保温、滋養強壮を高めるのも良いでしょう。

不妊症の大敵とされる「交感神経優位状態」は、睡眠時間が短い、目が覚め易いなど質の良い睡眠が取れないことで作られ、イライラしたり集中力が低下したりするなど日中の生活にも支障を来しますが、夜10時から2時頃に分泌が高まると言われる成長ホルモンの分泌にも支障を来たし免疫力が著しくダウンします。特にこの時期は、風邪、インフルエンザ、そして最近では結核菌感染も多いと言われており、抵抗力が下がることで思わぬ病魔に取り憑かれないようご注意ください。




△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.