東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

8月17日

不妊症、タイミング療法について

女性の卵子は排卵後12~14時間のあいだは受精の能力があるとされます。
それに対して、精子は72時間受精能力があります。
従ってタイミング療法というのは、排卵2~3日前から排卵日にかけて夫婦生活すると考えられます。
不妊鍼灸治療の中でもタイミングによる自然妊娠の方は多くいらっしゃいます。
タイミング療法は、4~6周期。もしこの間で妊娠しないのであれば、ご主人の精子と女性の卵管、卵巣等の婦人科検査をお勧めします。


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.