東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

4月6日

人工授精(AIH)について

「人工」という言葉のイメージから、受精までの過程で人為的な操作を加えるように思われがちですが、実際は自然妊娠と理屈はほぼ同じです。少しでも卵管に到達する精子が増えるようにするため、精子洗浄濃縮法などにより運動精子のみを濃縮した精液を子宮腔内に直接注入する方法で、最も自然体に近く妊娠の確率を上げる方法です。

人工授精に向いているケース
・ フーナーテスト(ヒューナーテスト)が陽性
・ 精子の状態が良くない(乏精子症や精子無力症など)
・ 頚管粘液の分泌量が少ない
・ 不妊の原因が不明

当院では人工授精の当日や次の日の鍼治療をおすすめしています。黄体ホルモンの分泌量アップが期待できます。



△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.