東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患
 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

1月27日

●女性ホルモンの減少-若年性更年期障害について●

20、30代の女性にも更年期症状を訴える方が近年増えているといわれています。
若年性更年期障害の原因は、無理なダイエットや不規則な生活やストエスなどが原因とされています。
ストレスや無理なダイエットなどが原因で卵巣の働きが低下すると、卵胞ホルモン<エストロゲン>分泌が低下してしまいます。しかし、脳‐下垂体はエストロゲン分泌が低下しているので、「もっと分泌せよ!」と卵巣に働きかけてしまい、更年期様症状が現れてしまいます。
このように、卵巣からエストロゲン分泌する能力がないのに、脳‐下垂体からは卵巣を刺激するホルモンは分泌され、女性ホルモンのアンバラスから自律神経が乱れてしまい更年期様症状が起こってしまうのです。
またホルモンバランスの乱れから月経不順や無月経、また無排卵月経など不妊症につながってしまうので、無理なダイエットはせず、また適度な運動などしてストレスを感じないようにしましょう!




△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.