東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

2月18日

今回は、不妊とダイエットについてのお話です。

冬は、身体も栄養を溜め込もうとする時期のため、太り易くなります。夏に比べて汗をかくことも少なくなるため、女性なら誰しも気になる季節です。
しかし、体脂肪率が正常の方が不妊治療を行っている場合の痩せるためのダイエットは、当院ではお勧めしていません。赤ちゃんができるためには、母体の栄養が充分満たされている
状態が好ましいからです。

よく、ビタミンやミネラル不足については気にされている方でも、脂肪やたんぱく質には無頓着で、ダイエットのために減らす方もいらっしゃいますが、ダイエットで天敵とされる脂肪は、体内全ての細胞が細胞自身を保護する為に必要な栄養素です。
母体が栄養不足の中では、決して赤ちゃんは育ちません。身体は、母体の保護を優先するからです。

特に、急激な体重の増減(10㎏以上)は避けましょう。身体の機能を調整する脳や内分泌コントロールに負担(ストレス)をかけるため、排卵障害や生理不順の原因になりまねません。
不妊治療を行う方は、ご自身の栄養状態から見直してみてはいかがでしょうか。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.