東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
安産治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ


 過去のコラム

   

10月22日

今週は、睡眠についてのお話です。
少しでも質の良い睡眠を摂るために気をつけるポイントをご紹介したいと思います。

●食時時間や食事の内容に配慮しましょう。
 睡眠直前の食事は、胃腸や肝臓を酷使するため、眠りを妨げることに繋がります。
  夜10時以降しか食事を摂れない方は、できるだけ消化によいものにしましょう。
●カフェインは夕方まで。
  カフェインの効果が完全になくなるには5~7時間ほどかかるそうです。
  時間にあわせて種類を変えるとよいでしょう。
●睡眠前に避けること
  ・喫煙
  ・飲酒(深酒)
  ・熱いお風呂(40度以上)
  ・息が上がる運動
  ・パソコン作業やインターネット
  ・ゲーム
これらを睡眠直前まで行うと、身体が休むべき時間に休めなくなると言われています。本来、人間は睡眠時に交感神経から副交感神経に切り替わるわけですが、交感神経が興奮しているうちはリラックスできず入眠ができませんので、入眠と就寝前はリラックスを心がけましょう。音楽や読書、軽いストレッチなど、すぐに睡眠に入れる環境作りにも配慮しましょう。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.