東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



 過去のコラム

   

8月27日

不妊鍼灸治療専門の迎春堂治療院です。
今年の夏は特に暑さが厳しく、冷たい飲食の摂取や、冷房の効いた環境の中で生活を送っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?

妊娠力を高めるためには、何といっても下半身の冷えは禁物です。体を冷やす生活がもとで、体を温める原動力までが低下し、子宮や卵巣が冷えて血流が悪くなり、瘀血(おけつ)という状態を招き易くなります。それにより排卵や着床がうまくいかなくなる可能性や、子宮内膜症、卵巣嚢腫や子宮筋腫など、不妊につながる原因になる恐れがあります。

まずは、普段の生活の中で、体を温める服装や、長時間の座りっぱなしを避けるように気を付けて下さい。またお腹や太ももとお尻に、熱めのシャワーで刺激をしたり、入浴時に半身浴をしたりすると、下半身の血流が良くなります。夏場は、お風呂に入る人が少ないと言われていますが、不妊症の改善のために、湯船につかるように心掛けて下さい。

△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.