東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



 過去のコラム

   

4月30日

今回は中国医学でいう不妊症の原因の1つ、『腎』についてお話し致します。

何千年という歴史を持つ中国医学の理論によると、腎は『先天の精』とエネル
ギーを持っている臓器です。精は子孫を繁栄させる、エネルギーは体を温め
る源です。

女性の生殖能力は腎によってコントロールされています。この腎の機能が低
下している状態を『腎虚』と呼び、これが不妊症の原因につながっていくので
す。腎虚になると、女性では卵巣機能不全が起こりやすくなり、卵子が育つ
エネルギーが足りなくなります。男性の場合、精力減退、精子欠乏症といっ
た症状が現れます。
また、主な腎虚の症状として、腰がだるい痛い、冷え、疲れやすい、脈が細
い、舌の色が淡いといったものがあります。

鍼灸という中国伝統療法を用いることで、腎の機能を向上させ、腎の精を活
性化、エネルギーUPをはかります。そうして腎の気・血・水の循環が改善さ
れ、女性特有の経絡の流れも改善されます。結果として良質な卵を育てる
ことにつながるのです。


△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.