東京・銀座の鍼灸院 不妊治療・婦人科疾患


 HOME
治療理念
スタッフ紹介
中国伝統鍼法
不妊治療
美容鍼灸
ダイエット鍼灸
その他の治療
治療レポート
不妊と食べ物
過去のコラム
Q&A
料金一覧
交通のご案内
リンク
ブログ
サイトマップ
お問い合わせ
  ENGLISH



携帯サイトは
こちらへ



 過去のコラム

   

4月16日

待ちに待った春ですね。春めいた日に外を歩けば、五感を刺激するものがあふれて素敵
な季節になりました。目を楽しませてくれる満開の桜に綺麗な花々、そのかぐわしい匂い
が漂ってきて幸せを感じます。公園や自然の中を歩けば、小鳥の声や小川のせせらぎ
などなど耳からもいろんな音が入ってきます。・・・。
そして、爽やかな春の風が頬をなでとても心地よく感じます。皆さんもいろんな春を感じ
ていらっしゃるでしょう。

暖かくなってきたこの季節に、ウォーキングを始めてみませんか? 運動不足を解消す
るだけでなく、不妊でお悩みの方に多い「冷え性」も改善できます。
ウォーキングは有酸素運動の代表的なものです。ウォーキングのような有酸素運動を続
けると、脚、腹筋、背筋、腕など全身の筋肉が鍛えられて熱をつくりやすいカラダになり
ます。心肺機能も向上し血液の循環がよくなり、肩コリや腰痛などの症状も軽くなります。
習慣化することで血行の良い、温まりやすいカラダに変わっていきます。

★効果的な歩き方
[1]ウォーミングアップをする。ゆっくりとした呼吸法とストレッチ。
[2]運動の頻度とレベルは、1日に30~40分間を週に3~4回程度。
   20分間のウォーキングを2回に分けてもよい。運動中の脈拍は1分間に110回くら
   いに保つのが理想的。
[3]水分補給を適宜行う。
[4]ウォーキング終了時はクールダウン。ウォーミングアップと同様に呼吸法とストレッチ。

ウォーキングは、肉体的な効果だけでなく、脳にも影響を与えています。筋肉を動かして
歩くためには、まず脳に信号を送ります。カラダと脳は密接なつながりを持っていて、カラ
ダを活動させるということは、交感神経を刺激し、その刺激が副交感神経への刺激を促
します。それにより自律神経のバランスもよくして、ホルモンバランスを整え生殖リズムも
整えられていきます。

冷え性克服のためにも、ぜひウォーキングを始めてみましょう。食事や入浴の工夫とあわ
せて実践することで温めの効果も上がるはずです。自分のペースで休み休み無理なく続
けていく気持ちで取り組んでいき、「妊娠力」を高めていきましょう。
△ ページのTOPに戻る

Copyright ©2010 GEISYUNDO All rights reserved.