不育症について

不育症について

不育症の原因

自然に妊娠することができるのに、胎児が育たずに流産や早産、死産を繰り返す病態や症候群を指します。
習慣流産と呼ぶこともあります。

現代の日本において、年間7万人以上、妊娠女性の2~5%がこの不育症に直面しているようです。

母体側に原因があるもの

子宮因子
・頚管無力症(一般に頚管縫縮術を施す)
・子宮奇形:双角子宮、中隔子宮、単隔子宮、副角子宮など
・子宮筋腫:特に、粘膜下筋腫、子宮腺筋症
・ポリープ

感染症:細菌感染、クラミジア、梅毒など
頸管無力症や不正性器出血、帯下異常、外陰部掻痒感の原因に

内分泌、代謝疾患
糖尿病、甲状腺疾患、黄体機能不全、高プロラクチン血症

免疫学的異常
自己免疫疾患:特に、抗リン脂質抗体症候群(APS)(血液凝固異常をきたす)
血液型不適合:血液凝固異常の他に胎盤機能不全を起こすこともあり

その他:着床障害


母体と男性側に原因があるもの

遺伝子疾患、染色体異常(約5~10%)、HLA抗原(ヒト白血球型抗原)


胎芽あるいは胎児側に原因があるもの

遺伝子疾患、染色体異常
卵巣機能不全:黄体機能不全が多い

不育症について 参考:『産科婦人科学』  監修/加藤宏一  へるす出版

CALL