不妊に関わる婦人科疾患

不妊に関わる婦人科疾患

 子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵管水腫、抗リン脂質抗体症候群、抗精子抗体、子宮頸がん、ホルモン分泌異常、自律神経の異常、卵巣機能低下、排卵障害、生理不順、生理痛、冷え性、むくみ、生理前症候群、一般的によく見られる婦人科系のお悩みが、不妊症につながることも珍しくありません。

このような症状が見られる場合、妊娠しやすい身体をつくるために不妊治療で体質改善が必要です。

不妊症の原因となる主な疾患をご紹介します。

不妊症の原因となる主な疾患

※ 詳しくは各項目をクリック

◆ 甲状腺機能障害

◆ 高プロラクチン血症

◆ 骨盤内炎症性疾患

◆ 子宮そのものの疾患

・ 子宮筋腫

・ 子宮腺筋症

・ 子宮頚が要因のもの


◆ 子宮内膜症

◆ 多のう胞性卵巣症候群

◆ その他

・ 加齢と不妊

・ 排卵誘発剤療法 ※ 作成中

CALL