着床鍼灸(体外受精前と受精後)

着床鍼灸 ~体外受精前と移植後~

迎春堂鍼灸院では、体外受精と移植後に着床環境を整える着床鍼灸を行っております。

中国での産婦人科医としての経験のある院長と中医師による独自の鍼灸治療です。

特別なツボを使って治療を行うことで、効果の高い鍼灸治療を実践してきました。

移植前後に受けて頂くことで、お体の状態を着床に適した状態に導きます。

実際に受けられた患者様は、妊娠される確率が以前より高まりました。

移植前後の鍼の効果については、世界各国でも効果が実証されています。

詳しくはこちら 不妊鍼灸の治療効果「世界の研究」

 

①   体外受精前 鍼灸治療

中医学(東洋医学)がもっとも重視しているのは

「移植前、体全体の循環をよくすること」です。

ホルモンバランスと冷えを改善。特に子宮、卵巣に新鮮な血液を送り届け、子宮内環境を整えます。

子宮内膜を柔軟にし温かく、着床できる厚さを作ることを目指します。


また移植前は、緊張のためストレスを溜めていらっしゃる患者様が多くいらっしゃいます。そのため鍼灸と中国伝統療法で 心と体がリラックスするように導きます。また、移植前の注意点をお伝え致します。

 

②   体外受精移植後(当日)着床鍼灸治療

アメリカの生殖医療学会は26%の妊娠率が鍼灸治療後46%へ上がったと報告しています。

当鍼灸院の移植後の着床鍼灸は、中国の産婦人科医と中医師が研究開発の移植着床鍼で、日本にない独自の鍼灸治療を行います。

受精卵が無事に着床できるために、数々の中国伝統療法を用いることで、他の院にない治療方法で治療を行います。

とくに漢方生薬のへそ灸が体の芯まで温めて、気血・ホルモン・免疫力・自律神経を整えます。

そうすることで、流産を予防し、妊娠出産することができると考えています。

 

③   着床後の治療効果

 妊娠のホルモンバランス、β-HCGが低い方でも、着床後の伝統療法によりBHCGが倍増する方も多くみられます。

患者様の一例)

胚移植後7日、判定β-HCG26.9。病院の先生は「低いですね。一週間後またBHCG確認しましょう」

と言われ、この方はすぐに当院に電話相談されました。

治療をして1週間後BHCGは460に。その後、胎嚢も見え、病院で心拍確認もできました。

 

着床鍼灸効果まとめ

・着床するための準備、妊娠継続のために身体を整える

・子宮、卵巣にあたたかい新鮮な血を送り届ける

・移植後子宮内膜の厚さUP

・子宮、卵巣の冷え改善

・黄体不足も調整

・心と体、精神的にリラックス

・移植前の注意点などをお伝えする

CALL