不妊症について

不妊症の原因

不妊症の三大要因といわれる「排卵障害」「受精ルート障害」「着床障害」についてです。


排卵障害

当院の長年の不妊鍼灸治療において、不妊症の原因として一番多くみられたものが、「排卵障害」です。

排卵障害とは、卵子
が育たない、育っても排卵できない、排卵が規則正しく行なわれていないという障害です。

排卵が全く起こらない無月経以外に、月経周期が乱れている生理不順も含まれます。

排卵には脳-下垂体-卵巣の内分泌系が大きく関係しています。

まず、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)が分泌されます。

これが下垂体へと運ばれ、下垂体から卵巣を刺激
する卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体刺激ホルモン(LH)が分泌されます。

その刺激によって卵巣では、卵胞の発育・排卵・黄体
の形成が起こり、女性ホルモンである卵胞ホルモン(エストロゲン)や黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。

これらの内分泌系がうまく機能していないと、卵胞が成熟しない、排卵しないといった症状が起こります。

 


<排卵障害を引き起こす代表的な要因>
・急激な体重の増減や情緒の変化による脳へのストレス:視床下部の機能低下
・何らかの原因による下垂体分泌障害:FSHやL
Hの分泌がうまく機能していない
・卵巣機能の低下:  

  

 

受精ルート障害

受精ルート障害とは、別名『卵管障害』ともいいます。

卵管は卵子や精子、受精卵の通り道ですが、卵管は1mmから10mmほどの太さしかありません。
ちょっとした炎症などで詰まったり、子宮内膜の癒着による障害が起こりやすいのです。
ここに障害があると、
・排卵された卵子を卵管采がつかまえることができない
受精出来ない
受精しても受精卵の子宮への移動の邪魔になる

といったことが起こります。

<受精ルート障害を引き起こす代表的な要因>

子宮内膜症
・骨盤内炎症


着床障害

受精出来たとしても、子宮内に着床しなければ妊娠とはなりません。
子宮の病気や形態異常、子宮内膜が普通よりも薄いまたは厚い、ホルモン異常などがあると、受精卵が子宮内に着床することが困難になります。

<着床障害を引き起こす代表的な要因>
・子宮筋腫
・ポリープ
・排卵誘発剤使用
・加齢

不育症について

不育症の原因

自然に妊娠することができるのに、胎児が育たずに流産や早産、死産を繰り返す病態や症候群を指します。
習慣流産と呼ぶこともあります。

現代の日本において、年間7万人以上、妊娠女性の2~5%がこの不育症に直面しているようです。

母体側に原因があるもの

子宮因子
・頚管無力症(一般に頚管縫縮術を施す)
・子宮奇形:双角子宮、中隔子宮、単隔子宮、副角子宮など
・子宮筋腫:特に、粘膜下筋腫、子宮腺筋症
・ポリープ

感染症:細菌感染、クラミジア、梅毒など
頸管無力症や不正性器出血、帯下異常、外陰部掻痒感の原因に

内分泌、代謝疾患
糖尿病、甲状腺疾患、黄体機能不全、高プロラクチン血症

免疫学的異常
自己免疫疾患:特に、抗リン脂質抗体症候群(APS)(血液凝固異常をきたす)
血液型不適合:血液凝固異常の他に胎盤機能不全を起こすこともあり

その他:着床障害


母体と男性側に原因があるもの

遺伝子疾患、染色体異常(約5~10%)、HLA抗原(ヒト白血球型抗原)


胎芽あるいは胎児側に原因があるもの

遺伝子疾患、染色体異常
卵巣機能不全:黄体機能不全が多い

不育症について 参考:『産科婦人科学』  監修/加藤宏一  へるす出版

  



  
CALL