about1

当院の特長・治療理念

迎春堂不妊鍼灸治療院は、中国の産婦人科医として不妊症治療研究室の室長を務めるなど、中国と日本で30年以上の経験を持つ院長と女性中医師の下、東洋医学(中医学)と西洋医学の両方において、中国伝統療法と生殖医療の技術と知識を用いて不妊症治療に携わっております。

location

経絡は「不通則痛 子宮内膜に通則不痛」と言われている経絡循環学説を元に、私達の身体が気・血・津液やリンパ液、老廃物などを、経絡やツボを使って流れを良くすることが重要です。症状だけではなく、身体全身を見る事が、中国古来伝統医学の一番の特徴です。

location

当院の治療法は、長年の経験より開発した独自の鍼灸術(弁証鍼法、子午流注鍼法、補腎・卵巣若返り鍼法、頭皮透刺鍼法・分層透刺美顔鍼法)で女性の生理期、卵胞期、排卵期、黄体期、採卵期、移植期の状態に応じた治療をいたします。

これにより、子宮・卵巣の気血の循環を良くし、卵巣を活性化(若返り)させ良質な卵と暖かく、軟らかく、厚い着床しやすい子宮内膜を作り、流産を予防し順調に出産を迎えられるよう導く治療です。

多くの女性が、元気で強い内臓、ツヤ・張りのあるお顔や姿、正しい生体リズムを取り戻し、生き生きと人生を楽しめるように支えていくことが、当院の理念です。

about2

院内の様子

about3
about4

(ベッドは10台)

location

当院独自の鍼灸術

location

弁証鍼法

中医学の中で最も経験的で有効な四診法。舌診・脈診、腹診で、体の状態を把握し、診断と治療をします。
about5

弁証とは、中医学において、病がどのような状態にあるかを把握するための診断法のことです。まず、四診(望診・聞診・問診・切診)などを行い「証」を決定し、それに基づき治療計画が作成されます。

私たちの体の不調の原因には大きく分けて次の二種類があり、それぞれによって治療方法が異なります。

一つは、生体が内側や外側からの刺激に過剰に反応したために興奮が亢進しているこの場合は、強めの手技(瀉法)により過剰な反応を抑制します。

location

もう一つは、生体反応が不足している状態で、更年期時のお体の不調などが挙げられます。この合は弱めの手技(補法)によって、生理反応を鼓舞することが必要です。これら補瀉の手法により、失調した内臓機能を整え、渋滞している気血の運行を順調に戻します。これが当院で行っている「弁証鍼法」です。

location

子午流注鍼法

伝統的な占い鍼法。時間と空間を合わせ、特定の時間に効果の高くなるツボを予測し、治療に活用します。
location
about6

中医学の古典「黄帝内経」に、“先ず、天の気の寒温、月の盛衰を知り、気の浮沈を伺う。そして身の異常を調整する”とあるように、古代より中国では、人間は自然環境や時間の影響を大きく受けると考えられてきました。
それらの影響によって変動する生体リズムの存在を経験的に理解し、その理論を占術・医学などにも応用してきました。

当院においても、自然の周期などで微妙に変動する生体リズムを大切に考えています。治療を行う際、その時に人体の中で最も活性化している経を、年・月・日・時間などから算出して使用します。この方法は、子午流注取穴法と呼ばれています。

location

頭皮透刺鍼法(頭の卵巣特効穴鍼法)

ホルモンバランスを司る脳(下垂体)と卵巣の内分泌をコントロールし、自律神経の機能の改善をします。
location
about7

頭皮鍼法は別名「頭穴透刺治療」とも言い、頭部有髪部位にある脳の機能反射区に鍼を刺すことによって、全身疾病を治療する専門療法の一つです。頭部の有髪部位は経絡の通っている場所で、ツボが分布し、気血の集まるところです。

この治療法は、中国伝統医学の3つの理論をもとに全身を治療します。

1.陰陽の調和や改善をはかることにより神経の興奮を抑制し、神経が抑制されている場合は刺激し、脳及び中枢神経機能失調状態を改善します。
2. 関連するつぼを鍼の透刺連結により、脳絡の流れを通します
3. 臓腑理論により、内臓機能調整作用があります。

本治療法は、適応範囲が広く安全かつ有効で、中枢麻痺、眼疾患、頑固な頭痛などに対して特に即効性があります。
当院では、これを内分泌・コントロール系機能低下の原因による排卵障害に対して応用しています。つまり、脳―下垂体―卵巣間のフィードバック調整を図って生理不順の改善、不妊症に効果をあげています。

location

補腎・卵巣若返り鍼

腎は妊娠に大事な臓器。腎の気を高め、卵巣を若返らせ、妊娠しやすい環境にします。
location
about8
location

分層透刺美顔鍼法(美容鍼)

当院の美容鍼は、皮膚の新陳代謝を高めるのに最適である真皮に刺鍼いたします。
location
about9

真皮層を刺激することで毛細血管の再生を促し、皮膚の働きを高めることが目的です。弾力の低下している弾性線維に直接働きかけ、重要な女性ホルモン分泌器官の一つである卵巣機能の調整を図ります。

また、毛細血管が再生することで肌細胞が活性化し、皮膚への栄養供給や水分量も高まり、皮膚の新陳代謝がさかんになります。

皮膚は内側から潤ってくるようになりますので、お肌の色つやも改善してきます。

location

患者様のお体の状態を的確に診断した上でのオーダーメイド施術で、お顔のしみ・しわ・くすみ、色素沈着などが気になる方はもちろん、脱毛・薄毛でお悩みの方、日常ストレスをお感じの方にもおすすめです。
迎春堂の美容鍼も併せてお読みください。

location

迎春堂の不妊治療理論

location
location

中医学の古典『黄帝内経』には、‘月事以時下、故有子’とあります。
これは、「生理周期が整えば、性腺・卵巣・子宮などの生理活動が正常となり、子供を授かる事が出来る」という意味です。
これは、不妊治療において、生理周期の乱れを調整する事が、いかに大切かを説いているのです。

生理周期を乱す原因は、ストレス、自律神経の失調、ホルモンバランスの異常、冷えや血液循環の不良などさまざまです。当院の不妊治療では、崩れてしまった繊細かつ複雑な体内のバランスを修復し、生理周期の正常化を図ります。

このように体内環境をしっかりと整える事ことで妊娠しやすい体をつくり、卵子や受精卵の質の向上を図っていくのです。つまり、赤ちゃんを望むなら、まず母体が健康でなければならないということです。 そこが西洋医学的な薬物主体の治療と中医学との大きな考え方の違いだといえるでしょう。

以上のような考え方に基づく治療ですので、母体を整える当院の治療を併用することによって、高度生殖医療での治療効果をよりいっそう高めることが可能です。
不妊症について   東洋医学における不妊症  不妊鍼灸治療効果 不妊ダイエット鍼灸 も併せてお読みください。

迎春堂鍼灸治療院の中国伝統療法で期待出来る治療効果

治療内容 適応症 期待効果
脳の反射区に関連する経絡や ツボに鍼を打つ 脳-下垂体-卵巣のコントロール系の崩れによる疾患・急激な体重変化などによるストレス性の間脳機能障害・多嚢胞性卵巣症候群や高プロラクチン血症などによる下垂体分泌機能障害 コントロール系の機能を高めることで、自律神経と内分泌のバランスを調整し、卵の発育促進と質の向上、崩れてしまった体内環境を整え、生理周期の正常化を図り、 卵巣機能を高める
生殖と発育に関連する経絡とツボに鍼を打つ 35歳以上でおりものが少ない、卵巣機能の低下、卵の質の低下など
腰背及び下腹部など骨盤内臓器に密接な関係のある経絡やツボに、鍼・灸・かっさ・漢方ホットパックを使用 子宮内膜症などの骨盤内臓器の癒着が起こる疾患 骨盤内の血行を促進し、子宮・卵巣・卵管などの臓器の内環境を整え、卵管の通りを改善、拾卵能力や受精及び着床能力の向上を図る
代謝、特に脂肪代謝に関連する経絡やツボに鍼・かっさ・カッピング・経絡マッサージ 過食及び内分泌のバランス失調による肥満 ・余分な脂肪の排出を促進し、脳にかかる負担を軽減する
・コントロール機能を活発にし、受精ルートを広く保ち、妊娠しやすい体を作る

不妊治療の一例

生理周期や、高度生殖医療と併用されている場合、治療のタイミングに合わせるなど、きめの細かい治療を行います。 当院の美容鍼は、皮膚の新陳代謝を高めるのに最適である真皮に刺鍼いたします。

例)多嚢胞性卵巣症候群

症状 原因 治療法
卵胞が育たない 何らかの原因で、コントロール系や内分泌バランスの失調 コントロール系の機能を高め、
卵の発育や質の向上を図る
卵の排出障害 何らかの原因で、卵巣被膜が厚く硬くなる 骨盤内循環の改善、
子宮・卵巣・卵管の血流促進、
卵の排出や受精・着床の環境を整える
肥満 体内ホルモン分泌の失調による肥満 脂肪分解代謝を高め、体内の余分な脂肪の排出を促進、肥満による脳への負担を軽減、コントロール系の機能を活発にし、受精ルートを広く保つ